The 81st Anual meeting of Japan Gastroenterological Endoscopy Technicians Society
第81回 日本消化器内視鏡技師学会のご案内
学会長:松本 裕子

会  期:平成30年11月2日(金)・3日(土)
会  場:京都パルスプラザ 京都府総合見本市会館
     京都市伏見区武田鳥羽殿町5
     http://pulseplaza.jp/access_jp.html

メインテーマ】 「どこまでできる、内視鏡検査と治療」
 今日の内視鏡検査や治療は幅広くなり、よりよい内視鏡医療を提供するために、新しい技術や知識の習得が日々必要とされています。 また、内視鏡業務内容は、内視鏡予約から検査、治療、内視鏡の洗浄・消毒・管理、機器のメンテナンス・管理など非常に多岐にわたるため、内視鏡スタッフ職種間や他部署との連携が重要となってきます。
 今学会では、我々内視鏡技師が関わることで、どこまで安全、安心、安楽な検査および治療が提供できるのか、皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

シンポジウム】 《内視鏡技師としての検査・治療への関わり》
 内視鏡検査および治療技術は、新しい機器や処置具の開発により高度化しています。その内視鏡における最前線の状況変化に対応するため、我々内視鏡技師がどのように内視鏡検査や治療に関わっていくべきか、 日頃行っている様々な工夫や取り組みを発表していただき討論したいと思います。

【ワークショップ】 《内視鏡検査・治療時の看護への取り組み》
 内視鏡検査・治療時の看護については、これまでも様々な内容で議論されてきました。内視鏡看護委員会によるセミナー開催も定期的に各地方で行われ、 また各施設においても様々な取り組みを行っていると思います。今学会では、内視鏡看護委員会の上田道子委員長に、鎮静下での看護について基調講演をいただいた後、各施設での看護への取り組みを発表していただきます。 会場の参加者も含め内視鏡検査・治療時の看護への取り組みについての討論をしていただきます。

【パネルディスカッション】 《内視鏡検査室での多職種連携について》
 内視鏡検査室では、業務内容が多岐にわたるため、医師・看護師・技師・事務員・洗浄員など多職種が連携し業務を行っている病院が多い現状です。また、外来や病棟との連携、ICTとの連携、 地域や他施設との連携なども必要となる場合もあります。そこで、多職種で業務の効率化を図るために行っている連携について討論をしていただきます。

【教育講演1】 「EMRとポリペクトミーの基礎から応用まで」(仮)
 講演:未定

 EMRやポリペクトミーは各施設で数多く行われている治療です。最近、コールドポリペクトミーが普及してきており、コールドポリペクトミー用スネアも各社で開発されています。 これを機にEMRとポリペクトミーについて基礎から学んで頂こうと思っております。 教育講演の前に、各社のコールドポリペクトミー用スネアの特徴をプレゼンテーションしていただく予定です。

【教育講演2】 「胆・膵治療の最前線」(仮)
 講演:未定

  超音波内視鏡、超音波内視鏡下穿刺術を応用した診断・治療手技(EUS-FNA、腹腔神経叢融解術、腫瘍内局注療法、膵仮性嚢胞や胆管・膵管に対する経消化管的ドレナージ術など)、 ERCP、腹部造影超音波などの検査や治療の最前線について講演していただきます。

【特別講演】 「大腸癌にならないための生活習慣」(仮)
 講演:石川消化器内科 石川秀樹 先生

今日、日本では大腸癌が増えています。NHKためしてガッテンで「大腸癌にならないぞSP」に出演され、内視鏡で大腸腺腫を摘除された患者様に対し、大腸癌の発生を予防するために低用量アスピリンを服用しての臨床試験を行うなどでご活躍されている石川消化器内科 石川秀樹先生に、 大腸癌予防を中心にご講演をしていただきます。

一般演題 
 内視鏡における看護、検査、前処置、洗浄・消毒関連、治療、処置具、管理、教育など、内視鏡に関することを広く募集致します。

応募演題においては、倫理的配慮(実験研究における2群振り分けの詳細についても)の記載のない場合は採択されない可能性があります。

【イブニングセミナー】「緊急内視鏡における技師の役割 ~消化管出血を中心に~」(仮)
 講演:未定
 学会前日にイブニングセミナーを開催します。緊急内視鏡における技師の役割について消化管出血を中心に講演して頂く予定です。
*イブニングセミナー会場にて学会参加登録を受け付け、参加登録証により翌日の学会にも参加できます。(講師未定)

演題応募について
  すべて
WEBでの応募・登録となります。後日公示します。      
  
演題登録期間は平成30年 4月 6日(金曜日)から平成30年 5月18日(金曜日)です。
  なお、プログラム構成は、演題数、内容などにより変更(一般演題およびポスター)することがありますのでご了承ください。

  技師会報60号を参照して下さい。

★学会参加費:¥7,000円

学会企画のお知らせ
機器展示・書籍・相談コーナー 
 内視鏡関連企業のご協力により内視鏡機器、処置具、消毒薬剤、感染管理、その他多くの内視鏡関連製品の展示会を開催致します。

宿泊案内
(株)日本旅行 西日本MICE営業部
「第81回日本消化器内視鏡技師学会」宿泊受付デスク
〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル5F
TEL 06-6342-0230  FAX 06-6342-0232
(営業時間 平日9:45~17:45 休業日 土・日・祝日)担当:奥田・谷

第81回日本消化器内視鏡技師学会
学会長 松本 裕子 医療法人 錦秀会 阪和住吉総合病院
      E-mail jgets81@pac.ne.jp
学会事務局:第81回日本消化器内視鏡技師学会 運営事務局
〒650-0034 神戸市中央区京町83
三宮センチュリービル3階 (株)プロアクティブ内
TEL 078-332-2505 FAX 078-332-2506(平日9:30~18:00)